オープンソース・カンファレンス in Sendaiに行ってきた

投稿日:
2010年05月26日
カテゴリー:
雑多な事

2010/05/22にあったよ。ちょうど、Ubuntu Japanese Teamのみなさんが来るという話を聞きつけたので、Ubuntuのサウンド回りについて尋ねたいなと思って、行ってみることにした。仙台は2005年12月に学生時代の先輩と呑むために訪れて以来、3年ちょっとぶりでした。
9時30分頃着いて、てくてく会場まで歩いていたら、会場の建物が見えてこない・・・。不安になって、たまたまあった公園のそばの交番に道を尋ねると、「行き過ぎ」だそうだ。体力あるのもアレだね、問題だね。

会場では、五戸出身のサーバサイド技術者のお姉さんと話ができて、とっても楽しかった~。Ubuntu Japanese Teamの人たちもなかなか面白い方ばかりでしたね。Word Press MUの動向も聞けて、マルチユーザへの本格対応はまだまだ先の話になりそうとのことだった。正確に言うと実装はされているんだけど、操作画面がまだ洗練されてないらしい。

Ubuntu Lucidの講演は大盛況。教室が一杯でした。講演者の村田さんはなにやらいろいろと突っ込まれていたけれど、そんなにおかしな公演でもないような気がしたのは、私だけ?Lucidのパッケージ付きCDインストーラももらっちゃった。Ubuntu、Kubuntu、Ubuntu Server Editionの3枚。Ubuntu Studioも配れたらいいのになんて思った。そのうち作ろうかな、パッケージ。

帰りに福助っていう、仙台牛タン焼き発祥の店で夜ごはん。相変わらず仙台の牛タンは肉厚で、肉汁が滴っていて美味しい。どうして巷間の牛タンはあんなに薄っぺらいんだろう、なんて思ったよ。

ついでに言うと、現在、第二新卒の就活中です。一番初めに来たオファーが仙台。まだまだこの街とは縁がありそうですね。

コメント