この週末は、大学の関係者の壮行会があり、昔すんでいた町に一泊してきました。
壮行会も楽しみだったのですが、学生時代の知人友人に会えるのもまた楽しみにしていました。
そんなおはなし。



まだ卒業後1年ちょっとしか経っていないこともありまだまだ知っている人が多くて、また学生時代に戻ったような感覚を覚えました。いや~、なんだか若返ったかのようだ。なんて書いたら、何人かの人にタコ殴りにされそう。

みんな相変わらずの調子で私を迎えてくれて、とてもうれしかったし、安心しました。競技者として自分をどんどん変えていかなければならない日々にあって、それでもこういう関係が残っているのって、とっても幸せな事なんじゃないかなと思うことができました。と同時に、戻ることのできる場所があってよかったなぁって、しみじみ。

壮行会なので、みんなの前でスピーチする機会がありましたが、それをうまく言葉にできず。なかなか気持ちって伝えるのが難しい。

みなさんどうもありがとうございました。

woc2006.jpg